ファクタリングによる債務者側のメリット

main-img

ファクタリングは、債権者が有する売掛金を、債務者との契約のもとに債務者に代わってファクタリング業者が債権者に売掛金支払い期限以前に支払い、その後、支払期限までに業者が債務者から売掛金相当額の支払いを受けるという形態であり、債権者にとっては支払期限前に売掛金を現金化することができるというメリットがあるうえに、債務者にとってもメリットがあります。
ファクタリングでは、殆どの場合で電子決済が行われるため、手形払いが廃止されるので、手形を発行して期日を管理しするといった事務作業がなくなりますし、印紙税や手形郵送料の負担もなくなります。


一般的に、企業においては複数の企業との取引が行われているため、債務者側の企業においては、手形も一つではなくいくつもの手形を発行したり、その管理をすることにより、事務手続きに人手と時間が奪われます。



また、それぞれに手形に対して印紙を購入して貼ったり、郵送したりすることでも、手間と費用が必要となります。



しかし、ファクタリングは手形発行をせずに、債務者との契約により売掛金相当の資金を業者から債権者に支払い、業者は債務者から支払いを受けるという取引になります。



そのため、手形発行と管理、郵送などに関する手間と費用が抑えられるのです。
従って、債務者側から見れば、従来の手形を用いた支払では、売掛金相当の金額を債権者に支払うとともに必要だった事務手続きに関する人件費や諸費用を押さえることができるというメリットがあるのです。

ファクタリングの比較コラム

subpage1

障害者総合支援法の規定により、身体に障害がある人が家事援助や身体介護などといった在宅のサービスや、その他施設への入所などのサービスを受けた場合には、収入状況に応じて一定の自己負担が生じる可能性はあるものの、残りの費用については公費負担でなかなわれることとなりました。この場合、サービスを提供した側である事業者のほうは、公費負担分を障害者自立支援給付費として請求することになりますが、所定の審査などを経てからということになるため、実際に支払いを受けることができるまでには、おおむね2か月程度のタイムラグが発生してしまいます。...

more

ファクタリングの比較関係の真実

subpage2

介護報酬は事業者が国保連に申請してから支給されるまでに、約2か月の時間がかかります。このタイムラグは事業者の頭を悩ませる大きな問題です。...

more

ファクタリングの比較の実態

subpage3

医療機関の運転資金は、診療報酬によって賄うことが可能で銀行融資と合わせることで安定的となりますが、融資が断られてしまうと診療報酬が重要な存在になります。資金としてつけるようになるまでタイムラグがあるため、早期に資金化したい場合にはファクタリング事業者に診療報酬債権を譲渡して資金を得ることができます。...

more

ファクタリングの比較の基本知識

subpage4

診療報酬や介護・福祉サービスにおいての報酬については、毎月末までに請求明細をつくり翌月10日までに国保や社保へ提出することになります。しかし、障害福祉事業等の給付費が現金化されるまでには時間がかかってしまいがちで最大でサービスを提供した月から2ヶ月先の月末までに支給されることになります。...

more