ファクタリングを利用して資金を調達する

医療機関の運転資金は、診療報酬によって賄うことが可能で銀行融資と合わせることで安定的となりますが、融資が断られてしまうと診療報酬が重要な存在になります。

ファクタリング会社のおすすめ

資金としてつけるようになるまでタイムラグがあるため、早期に資金化したい場合にはファクタリング事業者に診療報酬債権を譲渡して資金を得ることができます。


診療報酬は回収が確実であるため、銀行から融資を受けるときのように担保や保証人も必要なく、医療機関が赤字経営や借金がある、金融機関からの融資が受けられない経営状態になっていてもファクタリング事業者は債権譲渡契約を結んでくれます。

普通に診療報酬を請求するよりも40日から2か月程度早く資金にすることができて、最大2か月分調達することができます。

将来得ることになる分を早期に入手することになるため、その後の資金繰りについてもある程度算段がついている状態で利用しなければなりません。



ファクタリング事業者から直接入金があるため、銀行には診療報酬債権を譲渡して資金を得たことが分かってしまいます。


ファクタリング事業者からの入金は一括では無く、前払いと後払い2回に分けられることがあるため、その資金だけを頼りにする場合には注意が必要です。

資金繰りは安定していても、病棟を新しく増やしたり建て直したいとき、医師や看護師の採用を増やすために一時的に資金が必要になる場合にも使うことは可能です。



取引銀行でファクタリングが行われている場合には、担当者に相談を行うと良いです。